家を売却 費用

家を売る際に必要な費用とは?

持ち家を売却したいと考える人は少なくありません。

「新しい家を購入する資金源にしたい」
「転勤の為、引越しを余儀なくされている」

など、家の売却を希望する理由は様々です。
そこで、家の売却に伴う必要な費用について御紹介しましょう。

 

仲介手数料

まずは、不動産仲介に支払う仲介手数料が必要となります。
家の売却は個人で行うことは困難です。そこで、不動産仲介に依頼をすることになりますが、それには仲介手数料が必要となります。
仲介手数料は、上限金額が定められています。
上限に定められている金額は、

取引価格×3%+6万円+消費税

これによって算出される金額が不動産仲介料の上限金額です。よって、これ以下の金額によって売買の仲介を行われることもあります。仲介手数料は不動産会社によって異なりますので、不動産会社選びは手数料の高低も重要なポイントとなりますね。

 

譲渡税

次に譲渡税です。家を売却することによって発生した利益を譲渡所得と呼ばれます。
譲渡所得は、

譲渡収入から家の購入代金、購入の際の諸費用、売却の際の諸費用を差し引いた金額

譲渡所得に対しては、所得税住民税が必要となります。
税率は、家の利用形態や所有期間によって異なるとされています。また、一定の条件を満たしていれば、特別控除や軽減税率の適用を受けることができますので、専門家に相談をすると良いですね。

 

 

司法書士への依頼料

家を売却する際、まだ住宅ローンが残っているケースは多いですよね。
そこで住宅ローンの返済、それに伴う事務手数料がかかることも知っておかなければなりません。住宅ローンの残債を家を売却した費用にあてることは多いですが、そうした繰り上げ返済には手数料が必要となります。また、持ち家を手放す訳ですから、抵当権抹消登記費用もかかります。これらは司法書士に依頼をすることになりますので、司法書士への報酬も必要です。

 

・他には、売買契約書に必要な印紙代金も必要ですね。売却物件によって、印紙代は異なり、買主・売主それぞれの契約書に印紙を貼らなければなりません。

 

家売却の査定金額を決定する為に、改めて土地を測量することもあります。そうなると測量にかかる費用も必要となります。また、リフォーム後に家を売却する場合には、もちろんリフォーム代金も売主の負担です。

 

家売却に必要な費用は上記になりますが、忘れてはいけないものが引越しの費用です。次の住居への引越し費用も家売却に重要な経費となりますね。引越し先の住居をリフォームする場合にはリフォーム費用も必要となりますので、予め金額を算出しておかなければなりません。

 

 

家を高く売りたい TOP