遺産相続税 相談

遺産相続税

誰もがいずれは何らかの形で経験することになる「遺産相続」。いきなり相続ってなっても良くわからなかった私だったのですが、色々と調べた事を忘れない為にも自分でまとめてみましたので

 

遺産相続・固定資産評価額等について知りたい方の参考になればと思います。

まず相続とは

 

ある人が無くなった時に、その人が生前持っていた財産や借金などの負債を、一定の相続人などが貰い受けるための法制度の事です

 

積極財産と消極財産の2種類ある

 

遺産相続アレコレ君

相続財産(遺産)には現金や預金、不動産など金銭的価値のある「積極財産」だけでなく、謝金などマイナスの財産も含まれます。

 

これを「消極財産」といいますが、相続人などが受け取った遺産額のプラスマイナスを合計して、一定の金額以上になると今度は「相続税」という形で国に税金を納めなければならなくなります。

 

相続税とは?

 

遺産相続により取得した財産は、それを貰い受けた人が汗水たらして働いて得る財産ではありません。いわば「たなぼた」のようにある意味苦労せずに取得した財産であるとして、それに税金をかけ、国の収入にしていこうというのが相続税制度の趣旨です。

 

よく言えば「富の再配分」機能として、広く社会に資産を還元する役割があるとも言えますが、相続人にとっては自分の親などが一生懸命貯めた資産から税金を引っこ抜かれるわけですから良い気持ちはしません。
働いて得た財産にも所得税や法人であれば法人税などが課されますが、自分で働いた分から治めるのは納得できても、親の財産にかけられる税金は心理的な納得感が低い人も多いようです。

 

相続税は必ずかかるものではない

 

相続が発生する(誰かが死亡する)とその相続人は遺産金額に応じて必ず相続税の支払いが生じるわけではありません。ある一定金額までの遺産額であれば、相続税の支払いが必要ないことも多いのです。

 

基礎控除」という制度があり、遺産額が基礎控除額の範囲内であれば相続税を心配する必要が無いことになります。

 

相続税の基礎控除額は?

 

平成27年1月施行の相続税法改正より前は、5000万円+(1000万円×法定相続人の数)でしたが、法改正後はこれが縮小されて3000万円+(600万円×法定相続人の数)となってしまいました。このため相続税を納めなければならない人がかなり増えると予想されています。

 

法改正後の計算では

 

例えば夫婦二人と子が一人の家庭において夫が死亡した場合、法定相続人は妻と子の二人ですから、
3000万円+(600万円×2)となり、4200万円までの遺産額ならば相続税の心配はいらないことになります。

 

こう聞くと「数千万円の資産なんてないよ」という方もいらっしゃるでしょうが、地方で実家暮らしをしている両親がいると、
土地・家屋

 

は不動産ですから遺産額が高額になることはよくあるのです。

 

遺産相続税の計算方法を知る

遺産相続アレコレ君

遺産相続税は各相続人個人にかかってくるものですから、相続人が複数いる場合は各個人が自分にかかる相続税を計算しなければなりません。

 

相続により発生した遺産額が前述の基礎控除額を超える時は、基本的に相続税が発生するので申告が必要になります。

 

相続税の計算の上で

 

個人にかかる相続税の減算理由(例えば配偶者に認められる特別な控除など)がある場合はそれを利用して結果的に支払う税金が0になる可能性もありますが、その旨の計算書類と税務署に対しての説明資料を添付して、相続税申告手続きをする必要があります。

 

実際の計算はかなり複雑であり時間と労力が必要になりますが、大まかな計算の流れを知っておくだけでもいざという時に助かります

 

それでは相続税の計算方法の流れを見ていきましょう。

 

相続税の計算は大きく分けて3段階

 

遺産相続税の計算は3段階あり、

 

第一段階は相続税の課税価格の計算

 

第二段階は相続税の総額の計算

 

第三段階は各人別の納付額の計算

 

になります。

 

第一段階の相続税の課税価格の計算

 

遺産の中にそもそも遺産としてカウントしない項目を計算上で排除したり、本来は相続財産で無いものを法制度の趣旨から遺産の中に含めることとされているものを加えたりといった計算をします。

 

例えば計算上排除するものは仏壇や仏具の価格や香典、あるいは一定額までの生命保険金、一定額までの死亡退職金などです。これらを遺産に含めないのは国民感情への配慮のためとされています。

 

また相続する債務などのマイナス財産や葬儀費用の価額なども減算されます。逆に加えるものは一定の生命保険金や死亡退職金などがあります。第一段階の計算は各個人で行われます。

 

第二段階は相続税の総額の計算

 

第一段階で計算した各相続人の取得財産の合計額が基礎控除を超える場合、その超える分の額を各相続人の相続分に応じて割り振り、それに対応する税率をかけて相続税の総額が決定されます。

 

第三段階は各人別の納付額の計算

 

第二段階で決定した相続税の総額を再び各相続人の相続分として按分し、各人が実際に支払う相続税が決定します。

 

この段階では各人に関係する各種の事情が加味されます。例えばその相続人が配偶者又は子どもと両親など一親等の親族以外の場合は相続税額に20%が加算されたり、配偶者であれば特別な控除枠を利用できるので減額計算したり

 

被相続人(死亡した人)からの生前過去3年以内に一定の贈与を受けていた者は、その時に支払った贈与税の金額を相続税から減額計算出来たりと、各相続人ごとにかかってくる事情を組み込んで実際の相続税額が算出されます。

 

 

遺産相続税 手続き・トラブル相談は税理士

相続が発生して、どうやら相続税がかかりそうだという場合、実際に発生する相続税などの税金面での最終的な相談は税理士に流れることになります。

 

(上記で色々と調べたので書きましたが、正直ちょっとわかりずらいですよね(汗)実際の場面になったら税理士さんへ無料相談でも良いので相談する事をオススメします。)

弁護士に相談なら

 

・相続人同士の遺産分配などの揉め事
・トラブルの法律的な解決や相談

税理士に相談なら

 

・税金の計算や税務署とのやり取りは税理士に分配されることが多いです。

税理士さんの業務

 

税理士は税務に関する専門家として、日本の納税義務の適正な実現を図ることを使命としています。秘密性の高い個人情報を扱う国家資格者ですので高い倫理性が求められ、守秘義務違反などには罰則の適用もあります。

税理士 業務内容

 

実際に税理士が行う義業務は広範囲で、
個人事業などの所得税

 

相続税、贈与税

 

法人税などの相談役

 

として企業と連携したりもします。その中で行われる実務としては税務書類を作成して税務署等の官公所に提出する仕事であったり、会社や個人からの税務に関する相談に応じる業務、会計書類の作成などを行います。

 

税務代理と言って行政処分に対する不服申し立てについて代理や代行をするこことができます。また租税に関する裁判になった場合は弁護士と連携して納税者の保佐人として裁判所で支援したりもします。

 

税理士には事案によって得意・不得意がある

もしあなたが相続税に関して税理士の力を借りたいと思った時、税理士探しには少し注意を払いましょう。

税理士 得意・不得意

というのも前述の通り税理士の扱う業務は幅広く、個人によって得手不得手の案件が分かれるからです。

 

法人業務を中心にしている税理士は相続税があまり得意でない人もいますし、

 

個人相手でも相続税だけは不得手としている税理士もいるため、相続税の相談である旨を通知しながら相談相手を探さなければ相続を得意とする税理士をうまく見つけることができません。

 

税理士でも専門家に相談しましょう

遺産相続を専門に扱っている税理士さんがいますので、相談するなら専門家が良いですね。

 

餅は餅屋

 

と言う言葉があるように、専門家が一番節税できる方法を提案してくれたり損なく処理をしてくれますので^^

 

税理士 無料相談

 

例えば上記のようなサイトでは相続周りのトラブルなどを一気に解決できる無料で使えるサイトとなっております。

 

遺産相続の問題などは急に話が来ることが多いです。そのような時に情報を知らないと大きく損してしまう可能性が高いので、しっかりとプロに相談する事により
トラブルや悩みなくスムーズに相続を行いましょう!

 

無料で出来る相続相談

相続相談