遺産相続 放棄

相続放棄とは?するメリット・デメリット

相続放棄とは

 

各個人の判断で一切の相続財産を貰わないことをいいます。

一般に相続と言えば財産が入ってくることが多いので、それを貰わないなんてもったいないと思うかもしれません。しかし現実には相続放棄は日常的に行われている手法で、特に珍しいことでもないのです。

 

ではどういった場面で相続放棄の手法が取られるのか
メリット・デメリットも含めて見ていきましょう。

 

遺産でプラスの財産がマイナス財産より多い場合は「デメリット」

 

現金預金や不動産など、プラスの財産が借金などマイナスの財産よりも多い場合、合計すればプラスですから、そのプラス財産を捨てることになるのでデメリットになります。

 

例えば現預金合わせて1000万円と、借金が500万円なら合計すれば現預金500万円が残りますね。この500万円を貰わないということになるのが相続放棄です。

 

 

マイナス財産の方が多い場合は「メリット」

 

借金などの方が多い場合は相続放棄を選択しましょう。

 

全遺産を合計してマイナス財産の方が多い場合、プラス財産を取得しても結局換価して借金の返済に回さなければなりませんし、それでも足りないならば自分の財産を使って債権者に弁済しなければならなくなります。

 

ですからこの場合は相続放棄を選択すべきなのです。

 

相続放棄のその他の使い方

 

相続放棄画像

相続放棄は自分の取得する財産がマナナスの方が大きいときには絶対に選択すべきものですが、現実には自分の取り分がプラスでも用いられることがよくあります。それは相続人が複数いて、その相続人のうちの数人が、自分の取り分は要らないから、その他の相続人に回してくれ、という場合です。

 

例えば夫婦二人と子が二人の家庭で夫が死亡し相続が発生、相続人は妻と子二人です。

 

夫は遺言で妻と二人の子に財産を相続させる旨遺言を残しましたが、二人の子は遠く離れた都会で結婚し、仕事も順調で今現在特にお金に困っていることもない。しかし二人から見て母親である妻は今後老後を迎えて介護費用などもかかってくる。

 

老人ホームには多額の入居費用もかかるし、そうなるとまとまったお金が必要だろうとして、子二人が相続放棄をする。こうなると二人の子が貰うはずだった遺産は妻が取得することになります。

 

このように、特に親子間などの信頼関係の強い複数相続人間で、特定の誰かに遺産を集中させるためにあえて相続放棄をして、自分の取り分を他の相続人に帰属させるという方法を取ることもできるのです。

 

 

家を高く売りたい TOP