家・土地の権利書を紛失していると売れない?

家・土地の権利書を紛失していると売れないの?

不動産の売買では売り手から買い手に対して物件を売り渡す契約を結ぶ

 

そしてその後法務局に行き所有権が譲渡され、所有権者が変わったことを登記する必要があります。

 

登記には「公示力」という力があり、所有権などの権利の移動事実を第三者も確認できるように整えた場合、一応その公示された内容が優先されるためです。ただし公示力は100%絶対の保証ではなくあくまで優勢になるだけなのですが、細かい説明は省いてひとまず売買取引の際は登記は絶対に行う必要があります。

これをしないと買い手が第三者に「自分の所有物件だ」と説明も証明もできませんから、いざ誰かに売ったり、事業用に使うために行政に申請にいくなどの場合、以前の売主の名義のままですから、自分の所有物件として扱うことが出来なくなります。

 

ですから売買取引の際には売り手と買い手が共同で所有権移転登記の申請をすることになるのです。

 

その際必要になるのが不動産の「権利証」です。但し、現在は法改正がなされて権利証ではなく「登記識別情報通知書」に変わっています。しかし「権利証」あるいは「権利書」の呼び名で通ることが一般的です。

 

これを紛失する事例が結構あるのですが、なんとこの権利証(登記識別情報通知書も)、いかなる理由でも再発行されないのです。

 

権利証紛失!どうしたら?

紛失して再発行もされないと売買取引が出来なくなるのでしょうか?

家・土地の権利書紛失

 

そんなことになったら大変です。この点、国は郵便事業のサービスを使って代替措置をとっています。所有権移転の登記の際に、紛失してしまったという事情を付記して登記申請を行います。

 

すると申請者つまり売主のところに法務局から郵便が届きます。「あなたの不動産が売られようとしていますがよろしいですか?」という内容です。

 

これに依存が無ければ付属の回答書に実印を押して印鑑証明書を添付して提出することで無事に登記をすることができます。注意が必要なのは、法務局がその通知を発した時から2週間以内に手続きをしなければならない点です。通知の到着時点ではなく、通知が発せられた時点が起算点となるのでこの点は注意しましょう。

 

相続の際に権利証を紛失していて見つからない場合は?

 

今度は単純な売買ではなく相続に際して、権利証が無かったらどうなるのかということを考えてみましょう。所有権の権利の移転には所有権の移転登記が必要で、その際には基本的には権利証が必要です。失くしている場合は権利者の実印押印と印鑑証明書が必要ですが、その取得には本人が役所に出向かなければなりません。本人はもう死亡しています。これでは登記が出来ない!?

 

いいえ、心配は無用です。

 

相続発生に伴い相続人等が不動産の所有権を取得する場合は売買とは違う「原因」によって起こる権利の移動なので、手続き自体が売買とは別物になります。そして相続を原因とした登記には被相続人の権利証の添付は求められていないので、無くても大丈夫というわけです。

 

権利証を盗まれたら?

権利証を盗まれても概念としての所有権は移転することはありませんが、それが悪用されて転売されるなどの行為がなされないとも限りません。実際実行された場合には権利の回復に多大な労力と時間を割かれることでしょう。

 

そのため、「不正登記防止申出」という制度があり、盗まれた事情を説明して事前に法務局に届け出ておくことにより、盗まれた時から3か月以内に不正に登記申請が出された時には本人に通知がなされる仕組みです。

 

しかし3か月の期限付きですし、確実に不正登記を阻止することは補償されていません。ですからやはり権利証の保管は厳重にしておくようにしましょう。

 

家・土地の権利書がなくても、不動産を売却したい場合は、保証書という書類を発行してもらえば、売ることができます!

 

ネットで無料の一括査定サイトを利用すれば簡単に解決できますよ。

 

⇒不動産の一括査定サイトはこちら

 

 

家を高く売りたい TOP