家 買い替え

家の買い換えは売り先行がお得?買い先行がお得?

家の買い換えを検討する人は、やるべきことがふたつあります。
1.現在住んでいる家を売却する事

 

2.次に住む家を探す事

 

 

このふたつのやるべきこと、どちらを先に行えばよいのでしょうか。

理想はふたつのゴールを同時期にする事

売りと買いを同時に行えるとベストであると思われています。
しかし、なかなか希望通りに事は進みません。そこで今の家を売却する売りを先行するのか、次の家を購入する買いを先行するのか、どちらがお得であるかを知っておく必要がありますね。

 

売り先行のメリットとデメリットについて

 

現在、住んでいる家をまずは売却します。その為には不動産業者に売却を依頼し査定金額が決定されます。そして、実際に買主が住居を内覧に訪れたりと売却に向けてのプロセスが始まります。
売却が決定すると、売買契約が結ばれ、正式に家の売却が決まる訳ですね。

 

メリット

売却金額が明確になっていますから、家購入の予算も明らか

資金計画をしっかりと練ることができますので、手持ちの資金が少ない人は売却が決定後、次の家を購入すると良いでしょう。

 

デメリット

家は売れたけれども次の家がまだ決まっていない状況だと住む所に困ります

売買契約を締結すると、家の引き渡し時期が決定します。
つまり、その日が来れば家を引き渡さなければならず、引き渡し日までに次の家を購入し、引越しを行っておく必要がありますね。それにもかかわらず、次の家がまだ見つかっていない状況では次の家が見つかるまでの間の仮住まいを用意しなければなりません。
そうなると仮住まいの家賃が発生しますし、引越しは2回必要となるので余計な経費がかかりますね。

 

 

買い先行のメリットとデメリットについて

 

メリット

次の家探しをじっくりと行うことができる点

現在住んでる家の売却がいまだ決定していない訳ですから、引き渡しを気にする必要がありません。よって、次の物件探しを余裕をもって行えるといったメリットがあります。
土地を購入し、注文住宅を建築する場合は、建売住宅を購入するより時間がかかります。そうした場合には家の買いを先行させたとしても、売却までに余裕をもつことができますね。

 

デメリット

家の売却がスムーズに行かなかったときに資金面

次の物件の購入が決まっているにもかかわらず、今の家が売れなければ資金面が苦しくなりますね。
そうなると、家の売却を急がなければなりません。いわゆる「売り急ぎ」ですね。
「売り急ぎ」では、売ることを優先とされるので、希望の売却金額に達していなくても売買契約が結ばれるケースがあります。また、住宅ローンの残債がある家を売却し、次の物件でもローンを組む計画の人は、売却が完了するまで二重でローンを支払わなければなりません。
買い先行では資金面のデメリットを認識しておく必要があります。

 

 

 

家を高く売りたい TOP