家売却 購入希望者

購入希望者への対応について

家を売却する際には不動産業者へ売却を希望するケースがほとんどです。
不動産業者では売却の依頼があった物件を、家探しをしている人へ紹介します。そこではまず書類での紹介となります。家の間取りや築年数、住所、そして売却希望額などが書類で確認をします。そこで気にいると、次は実際に物件を見に行きます。
いわゆる内覧ですね。

 

内覧について

すでに売主が引越しをしているケースもありますが、まだ売主がその物件に暮らしている場合でも行われます。購入希望者は見ず知らずの他人です。他人が生活の場に入ってくることに抵抗を感じる人もいらっしゃいますが、家を売る為には大変重要なプロセスです。
そこで家の購入希望者が訪問された場合の対応についてのポイントを御紹介しましょう。

それは家の売却がスムーズに進む秘訣でもあります

 

家の購入希望者が見学に来た際、最も心掛けなければいけない点は印象を良くすることです。
初対面の人は第一印象が大切ですよね。家も同じです。
家を初めて見た時の印象がかなり重要なポイントとなりますので、見学者が訪れる際には好印象を
与える努力をしなければなりません。

 

整理整頓が必要

 

書類では素晴らしい物件だと思っていても、実際に訪れてみると家の中がゴチャゴチャしていてがっかりしたというケースもあります。間取り図だけでは広く感じていたにも関わらず、物が溢れたお部屋では
手狭な印象を与えてしまいます。そうならない為にも、見学者の訪問前には整理整頓を心掛けましょう。

 

水回りの掃除

 

キッチン、トイレ、バス、洗面所などの水回りは入念に掃除しましょう。水回りは生活には欠かすことができないスペースです。その部分があまりにも汚いと、実際に生活をするイメージがわかないとおっしゃる人も少なくありません。
家自体の印象を悪くすることにもつながりますので、できるだけ美しく掃除しておくことが必要です。

 

家の臭い

 

また、家の臭いも訪問者は敏感に感じ取ります。しみついたタバコやペットの臭いがあると、印象が悪くなりますので、購入希望者が訪れる前には窓を開けて換気を行いましょう。

 

家の印象を良くする為には、売主の対応も大きなポイントです。
購入希望者は自分の家を買ってくれるお客様といったイメージをもち、対応しましょう。
上から目線の態度では印象が悪いですよね。
訪れた人に好印象を与える態度を心掛け、質問などにも丁寧に答えることが必要です。訪問の
アポイントメントもできるだけ購入希望者の御都合に合わせる配慮も大切です。

 

 

家を高く売りたい TOP