住宅ローン 家 売却

住宅ローンが残っている家は売却できる?

新規で住宅を購入する際にはほとんどの人が住宅ローンを組まれていると思います。コツコツと毎月、毎月ローンの返済を行っていきます。住宅ローンは他の種類のローンに比べると、最も返済の期間が長く設定されているローンです。よって、長期にわたる返済期間では、途中で家の売却を考える人もいらっしゃることでしょう。

 

住宅ローン 家売却画像

しかしまだローン返済中の身では、家の売却は不可能であると考える人が多いようですね。

実はその考えは大きな間違いです。
住宅ローンが残っている家でも売却は可能なのです。
「ローンが残っているのの何故?」と思いますよね。
そこにはある条件を満たせば、売却が可能であるといった仕組みが存在します。

 

抵当権

 

ある仕組みとは、住宅ローンを組む際に設定された抵当権が大きく関係をします。抵当権とは、もしローンが返済できなくなった時の担保のことです。
不動産である家を担保とすることで、住宅ローンを組みます。つまり、返済が滞ると抵当権が設定された不動産を競売にかけることによって、ローンの残債へ充てます。

 

住宅ローンが未だ残っている状態で家を売却する際は、この抵当権を抹消する必要があります。

抵当権の抹消とは、つまりローン残債を全て支払うこと

そうすれば、自宅に付けられた抵当権を外すことができ、晴れて売却が可能となります。

 

しかし、住宅ローンを一括返済できる人は多くありません。となると、どうすれば良いのでしょうか。

だいたいの人は家の売却代金を住宅ローンの一括返済に充てています。

もし、ローンの残額より売却代金の方が下回るとなると、手持ちの資金を足さなければなりません。手持ち資金が足りない場合は、フリーローン等を使用する人もいます。

 

この様な方法で住宅ローンを返済し、抵当権を外すことができれば家を売却することができるのです。つまりは、ローンの完済が済んでいない家の売却はできないということですね。抵当権がついている物件を購入する人はまずいらっしゃないですし、売りに出したところで買い手は見つからないでしょう。

 

ローン完済は無理だけれど家を売却したい

 

しかし、中にはローン完済は無理だけれど、どうしても家の売却を希望される人もいます。その様なケースでは、買い換えローンと呼ばれる融資があります。現在の住宅ローンの残と新たに購入する家の資金を合わせて融資してもらう方法です。
そしてもうひとつ、任意売却と呼ばれる方法があります。任意売却とは売却代金をローン返済に充て、返済ができなかった残額を分割で支払う形式です。任意売却は自己資金が無くても家を売却ができる方法なのです。

 

 

家を高く売りたい TOP