家売却 秘訣

家売却成功の秘訣は担当者との相性

家を売却しようと考えた時、まず一番にすべきことは売却を仲介してもらう不動産業者を選ぶことです。

 

愛着がある大切な家を手放すわけですから、できるだけ高いお値段で売却したいと考えるのは一般的な考えです。そこで、不動産会社一括見積サービスを利用し、複数の不動産業者の査定を受けることができるので大変便利です。

 

一社だけの査定では、自分の家の売却金額の相場が分かりません。複数の業者の査定を受けると、業者によって査定の金額に差が生じます。できるだけ高い金額で売却をしたいとお考えの人は、査定額が最も高い業者を選ぶことになるでしょう。

 

しかし査定額の高低だけで不動産業者を選ぶ方法は少し危険な可能性も・・・

 

なぜなら、家の売却がスムーズに行われる為には査定額に加えて、あることがポイントとなるからです。
あることとは一体、何でしょうか。

それは不動産業者の担当者との相性なんです

「相性?」とビックリされるかもしれませんね。でも、とても重要なポイントなんですよ。

 

担当者はキーパーソン

 

家売却では不動産業者選びがキーポイントであるといったことはよく言われています。それに加えて、担当者はキーパーソン的な存在なのです。なぜなら家売却の全ての手続きは、不動産業者の窓口となる担当者を通して行われるからです。当然、売主とのやりとりは頻繁に行われることでしょう。

 

担当者とうまくコミュニケーションが取れない、または信頼できないといった不信感を抱いてしまうと家の売却に支障を及ぼしてしまいます。相性は人によって感じ方が変わります。大きなお金が動く不動産のビジネスの場では、売主にとって信頼できる人であるか否かが相性の良し悪しにつながると思われます。

信頼できる、誠意をもって対応してくれる人が売主の立場を理解できる
=相性が良い人になる事だと思います!

 

相性が良いと感じる担当者とは色々な要望が話しやすいですね。売却に関して「ここは譲ることができない」といった要望などを担当者に伝えることができると、売却をスムーズに行うことができます。

 

例えば、売却時期です。
次の住居がすでに決まっている場合には、売却が決定しないと資金計画も狂ってしまいます。そこで「いつまでに売買契約を成立したい」、しかし「金額は下げたくない」そんな要望は担当者次第で叶うことになります。売主の立場を理解し、動いてくれる担当者は有り難い存在です。

 

それに対し、売主の要望を聞き入れることができない担当者には不信感を抱いてしまいます。
早く売りたいけど金額は下げたくないといった売主の希望に「それは無理」と鼻から努力をしない担当者は嫌な感じですね。そうなると担当者との相性はかなり重要なポイントとなりますね。

 

売主の要望を聞き入れるか否かは売主と担当者との相性の良さが関係しているといっても過言ではありません。担当者との相性も売買契約の行方を大きく左右することを念頭におきましょう。

 

 

家を高く売りたい TOP