マンション売却 手数料

マンション売却に必要な手数料とは?

マンションを売却する場合、いくつかの手数料がかかります。それらは全てマンションを売却する側、つまり売主が負担するケースがほとんどです。
ではマンション売却にかかる必要な手数料について御説明しましょう。

 

不動産業者の仲介手数料

まずマンションを売却するとなると不動産業者との契約を結ばなければなりません。個人で売却の手続きを行う人はほとんどいらっしゃらないでしょう。
たいていの人が不動産業者と契約をし、売却を仲介し、それにまつわる手続きを代行してもらいます。そこで発生するのが仲介手数料です。仲介手数料は不動産業者が受け取る報酬です。その額は不動産業者によって異なりますが、上限が定められています。

 

マンションだけでなく、一戸建ての家の売買を仲介する際の手数料は同じです。

売買成立価格×3%+6万円+消費税が仲介手数料と定められています

3000万円でマンションの売却が成立すると、仲介手数料は96万円+消費税となるわけですね。
これは上限の金額ですので、それより下回る仲介手数料を定めている不動産業者もあります。
逆にこれより上回る金額を仲介手数料として提示する業者は違法ですので、注意が必要!

 

仲介手数料は、マンションが売却した時に発生する手数料なので、なかなか売却できないといった状況では仲介手数料は発生しないことになります。
売買契約が成立していないにもかかわらず、不動産業者が仲介手数料を請求してきた際にはその支払いを拒否することができます。また、マンションの買主を見つけるまでに時間がかかるケースでも仲介手数料がアップするといったことはありません。

仲介手数料の支払いは、2回に分けて行われることがほとんど

1回目は売買契約が成立した際に仲介手数料の半額を支払います。
2回目は実際にマンションの受け渡しが完了し、それからの支払いとなります。
一括で支払いたい場合には、売却の全てが完了した際でも違法にはなりません。

 

マンション売却には不動産業者へ支払う仲介手数料の他にも手数料が必要です。
印紙税や司法書士への手数料もあります。
印紙税とは「売買契約書」に必要です。売却の物件が3000万円の場合の印紙税は15000円です。印紙が無ければ売買契約書は成立しませんので、印紙税は必ず必要となります。

 

司法書士への手数料も必須です。住所変更登記などを代行する司法書士への手数料は仲介を行う不動産業者を通して支払われます。その額は司法書士事務所によって異なります。

 

 

 

家を高く売りたい TOP