不動産 売却

売却と賃貸、どちらがお得?

家の売却を検討する際、多くの人が直面する悩みがあります。

それは売却と賃貸のどちらがお得であるかといった悩み

できるだけ損をしない選択をしたいですよね。どちらがお得であるかは、

 

持ち家の状態や立地条件

 

住宅ローンの問題

 

などによって変わります。売却と賃貸では、どちらにもメリット・デメリットが生じます。よって、自分にとってメリットが多いと感じられる方法を選択することが望ましいでしょう。

 

家を売却するケースについて

メリット
家を売却すると売却額を入手することができます。売却額をもとに新たな住居を購入することもできますし、他への資金に使うこともできますね。
売却の査定は現在の状況で行われますから、築年数が浅ければ浅いほど、売却額は高くなります。数年間、賃貸として貸した後に売却するよりは、売却額は高く見込めると思います。
また不動産の維持にかかる経費が不要になることもメリットです。固定資産税の支払いや家の修繕費、または庭の手入れといった手間を省くこともできます。

 

デメリット
それに対してデメリットとしては持ち家を売却する際には、住宅ローンの完済が必要となります。
家の売却額を住宅ローンの完済に充てる人は多いですが、必ずしも売却額によって全てを支払えるとは限りません。自己資金を用意しなければならないケースも多々あります。
また売却額を次の住居の購入資金に考える人もいらっしゃいますね。その場合、家の買主がすぐに見つかれば問題はありませんが、なかなか見つからない場合には次の住居購入にも影響を及ぼします。

 

持ち家を賃貸物件とするケースについて

メリット
第一のメリットは、家賃収入が得られる点です。
家賃収入を新たな住居のローンに充てることもできますね。転勤で家を離れなければならない人は、その期間だけ賃貸物件として人に貸すこともできます。空き家にしておくと治安の面でも心配ですし、誰かに住んでもらうことで家の風通しがよくなり、家自体の傷み具合も減らすことができるでしょう。
そして、賃貸にするメリットはなにより持ち家を手放さずにすむことです。

 

デメリット
賃貸契約は借主がいて初めて成立します。よって、借り手がない家では賃貸物件にはなりませんし、もちろん収入を得ることもできません。
賃貸物件として魅力がある家かどうかの見極めも重要なポイントとなりますね。
また、賃貸物件は家の所有者はそのままですから、固定資産税や家の維持に関わる経費は全て支払う義務があります。自分が住んでいないにもかかわらず、その様な経費が必要となります。

 

こうしてみると売却と賃貸、どちらにもメリットとデメリットが生じることが分かりますね。どちらを選択するのがお得であるかは個人では判断しがたいところです。

 

そこで不動産管理の専門家である不動産業者へ相談することがオススメです。家を手放す理由や持ち家の状況などを考慮し、アドバイスを受けることができるでしょう!

 

その前に無料なので、どちらにするにしても自分の今の家を価値を把握しておくのも良いでしょう!

 

 

 

家を高く売りたい TOP